​エンタープライズリスクケースマネージメントの概要

レガシーシステムの保守やサポート、そしてそれに伴うデータの混乱が、企業の調査能力を限定的にし、重要な情報へのアクセスを困難にし、​コストやリスクを高めることはご承知のとおりです。企業にとっての課題は、行動とイベントを関連付け、コストを低く維持し、自社に対するリスクを軽減させることでしょう。弊社のエンタープライズリスクケースマネージャー(ERCM)は、リスクの総合的な把握に必要となる実用的なインテリジェンスを提供します。情報を既存の検出システムから単一の操作ツールへと統合することが可能となるため、複数の事業部門、取引チャネル、商品、地域全てを可視化する点で他社の追随を許しません。弊社のユーザーフレンドリーなアプリケーションは、単独で以上のような様々な情報の流れを吸収します。導入企業様は従業員をより賢く管理し、現在と全く異なる方法で点と点をつなぎ、手動プロセスの自動化を統合することで、コスト節約やリスク軽減を実現できます。

情報アクセス

必要な情報を入手するに当たって、規制要件の満たされる一貫した方法を採用するとともに、各事業部門、地域、商品に共通の合理化されたリスクルールを導入することができます。リスク専門家やコンプライアンス専門家は自信を持ってレガシーシステムを削減し、重複人員を再配置することができると同時に、変化の激しい規制要件を確実に満たすことができます。

問題の優先順位設定

企業が直面する最も重大かつ負担の大きい問題に、最も戦略的な順序で対処します。優先順位設定により、関連付けや照合に費やす時間を削減し、ギャップを明らかにし、社内リソースを最もコスト効率よく配備するための最適なタイミングと場所を判断することができます。

ユーザーが使える機能の強化

疑わしいインシデントや取引、口座、パターンを、現在導入されているシステムでは不可能な方法で認識および分類し、対応するための機能をアナリストや調査員に提供します。これにより結果判定の迅速化、調査の高品質化、そして会社にとっての規制リスクの軽減を実現します。
​​​

ガバナンスの確保​​​​​

一貫性のないルールや執行、ならびに国やチーム、部門によって異なる調査対処方法を検出します。従業員が何をどのように実行しているかを中央集中的に監視することで、ガバナンスを一貫した視点から把握し、共通のリスク監視手法を採用することができるため、全く異なる複数のシステムに共通するパターンや傾向が明らかになります。​