不正検出にとどまらない: 金融犯罪リスク管理の自動化と人工知能導入の推進

​NICE ActimizeとChartisの白書(英語版)

​​​​​​ここ数年来、自動化と人工知能の導入が大きく推進されています。金融機関においても、新たな課題に対処するために、AIベースの技術導入の必要性が高まっています。例:

  • 規制当局の圧力。新たな規制遵守に必要な大量のデータを処理可能な最新のツールが必要とされています。
  • フルタイム職員数の急増規制を遵守するために、リスクデータの集計や報告業務に多数のフルタイム職員が
  • 新たに雇用されています。人工知能は、ワークロードを最適化してコストを管理する、最新の業務形態を提供します。
  • データ要求。デジタル化によって生成される膨大なデータとその「3V」 - Volume(量)、Variety(多様性)、Velocity(速さ)は、整合性と管理の面で大きな課題となりますが、人工知能によって効果的に取り扱うことができます。

​技術的支援を選択するにあたり、まず課題を特定して、憶測ではなく確かな知識を得て、最適なシステムおよびアーキテクチャを検討する必要があります。

NICE ActimizeとChartisの白書をぜひお 読みください。

白書をダウンロード

こちらもご覧ください

Vous souhaitez nous parler?

COOKIEの使用

最良の状態でウェブサイトをご利用いただけるよう、当社ではCOOKIEを使用しています。設定を変更されずに閲覧を 続行される場合、NICEのウェブサイトのご利用について全て同意いただけたものとみなします。ただし、COOKIEに 関する設定はいつでも変更することが可能です。情報の使用についての詳細は、当社のプライバシーポリシーを参照し てください。 COOKIEプライバシーポリシーをご覧ください。