AMLの新時代に向けたデータの再検討

アンチマネーロンダリング(AML)業務に使用されている従来のテクノロジーは、 現代の課題に対応するには不十分であることが分かってきています。金融機関(FI)は、 AMLプログラムの効率性と有効性を向上させるために、人工知能(AI)や機械学習(ML) などの新しい技術を模索しています。

データはAMLの基礎を形成するものであり、AIやMLの技術を適用する上では、さらに 重要になってくるでしょう。しかし、取引の量とスピードの増加によって一般的なデータ管理が悪化するという 問題にFIが苦慮しているため、データは十分に活用されて いません。モデルリスク管理に関する規制当局の監視により、 データ管理へのアプローチの見直しが余儀なくされています。多くの金融機関はこれを機にデータのサイロを破壊し、 データ・アーキテクチャの簡素化へと動き始めています。

他のNICE Actimizeの白書をぜひお読みください。

白書をダウンロード

こちらもご覧ください

COOKIEの使用

最良の状態でウェブサイトをご利用いただけるよう、当社ではCOOKIEを使用しています。設定を変更されずに閲覧を 続行される場合、NICEのウェブサイトのご利用について全て同意いただけたものとみなします。ただし、COOKIEに 関する設定はいつでも変更することが可能です。情報の使用についての詳細は、当社のプライバシーポリシーを参照し てください。 COOKIEプライバシーポリシーをご覧ください。