​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​CipherTrace Armada™:KYC-AMLプログラムを強化する暗号通貨インテリジェンス

今日の金融犯罪の状況においては、金融機関は暗号関連のリスクにさらされていることを認識し、顧客が、不換資産と暗号通貨の交換業者と取引を行っているかどうかを知ることが必要です。

こうしたリスクを管理し、先手を打つためには、強力な顧客確認(KYC)とAML管理を通じて、顧客の活動と関係を完全に可視化する必要があります。仮想資産の場合は、これらの管理がさらに重要になります。

仮想資産に対する重要な可視性

CipherTrace Armadaはこれらのリスクの高い盲点に重要な可視性を提供し、KYCプロセスが仮想資産サービスプロバイダ (VASP) を導入する前に検出して特定し、システム内にすでに存在する可能性のあるものを明らかにします。

顧客の口座への資金の流れが暗号通貨に関連しているかどうかを知ることは難しいかもしれません。悪徳業者は評判の悪いVASPを利用することが多いため、これは銀行にとって非常に難しい問題です。多くのVASPは法的な登録をせずに運営されており、適切なKYC-AML管理が行われていないことがよくあります。

CipherTrace ArmadaとNICE Actimize

NICE ActimizeとCipherTrace Armadaは共に、最も多くのVASPに関する最も包括的なデータフィードを提供します。これは、暗号エンティティとの間の取引での支払いフローに関連するすべてのリスクを完全に把握できることを意味します。

トランザクションをVASPに属する口座番号と名前にマッピングできるのは、CipherTraceとNICE Actimize だけです。悪質な行為者は、これらの口座や活動の本質を意図的に不明瞭にします。

最も正確な帰属情報をカバーするCipherTrace Armadaは、VASP、犯罪者、ダークマーケット、リスクの高い暗号通貨取引所、投資詐欺、マネーロンダリングサービス、ランサムウェア関連のエンティティなどの実在エンティティを暗号アドレスに結びつけます。これによりVASPのマネーロンダリング対策に対するさらに正確で包括的なリスク評価が可能になり、金融機関の暗号関連AML対策が強化されます。

パンフレット

CipherTrace Armada™

KYC-AMLプログラムの暗号通貨の管理についてご紹介しています。

オンデマンドウェビナー(英語版)

金融犯罪と新型コロナウイルス感染症(Covid-19):新しい類型、調査、手法の傾向

新型コロナの流行中に新たな類型が出現していますが、潜在的なリスクを感知するために役立つ指標があります。

オンデマンドウェビナー(英語版)

新しいAIツールを使用してAMLを改善し、効率を向上させるには

各金融機関は、特に機械学習のイノベーションの導入を加速しており、より正確で効率の高い方法で金融犯罪に対抗しています。

COOKIEの使用

最良の状態でウェブサイトをご利用いただけるよう、当社ではCOOKIEを使用しています。設定を変更されずに閲覧を 続行される場合、NICEのウェブサイトのご利用について全て同意いただけたものとみなします。ただし、COOKIEに 関する設定はいつでも変更することが可能です。情報の使用についての詳細は、当社のプライバシーポリシーを参照し てください。 COOKIEプライバシーポリシーをご覧ください。