​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​顧客デューデリジェンス(CDD)

アンチマネーロンダリング(AML)プログラムの総支出のおよそ60%が顧客理解/顧客デューデリジェンスのプロセスに費やされています

脆弱な顧客理解(KYC)/ 顧客デューデリジェンス(CDD)プログラムは、アンチマネーロンダリング(AML)プログラム全体に複雑な影響を及ぼします。プロセスが手作業に頼っており、一貫性がなく、顧客およびリスクに関する完全な知見が欠落している場合、規制環境の変化に伴う要件の変更や更新に追い付くことが特に困難です。顧客管理が不適切でプロセスが複雑な場合、規制当局による精査が増え、顧客満足度が低下し、規制当局による処罰を受ける可能性が高まります。

技術イノベーションによる強化と金融犯罪の専門知識を融合

NICE Actimizeの顧客理解(KYC)/顧客デューデリジェンス(CDD)ソリューションは、最先端の技術イノベーションを活用して、ライフサイクル全体をサポートします。これには、顧客オンボーディング、既存の顧客デューデリジェンスおよびデューデリジェンス強化(EDD)プロセスが含まれます。インテリジェントオートメーション、人工知能、機械学習を顧客理解/顧客デューデリジェンス領域の専門知識と連携させることで、顧客リスクの全体像を監視しながら運営効率を高めることができます。NICEの顧客理解(KYC)/顧客デューデリジェンス(CDD)ソリューションには、以下の機能が含まれています。

  • ビジネスセグメント、地域、管轄地域全体にわたって固有の要件に対する適応性を備えた柔軟なプラットフォーム

  • サードパーティのデータ接続管理セット

  • 顧客洞察による企業リスクの可視化および包括的なビューによる分析効率の大幅な向上

  • AI対応の予測的な顧客リスクスコアにより、高リスクな顧客を的確に管理

  • 影響分析を容易にするシミュレーション機能

  • 疑わしい行動の監視(SAM)、ウォッチリストフィルタリング(WLF)およびActOneケースマネジメントを顧客理解(KYC)-アンチマネーロンダリング(AML)プログラム全体に統合

  • ActimizeWatchからの拡張、セキュアなクラウド上で管理される分析サービスによるデータ主導型機械学習

白書

NICE Actimizeの自律型AMLは、マネーロンダリングの取り締まりを改善する、AI、機械学習、ドメインの専門知識、インテリジェントな自動化によってAMLの規制順守プログラムを強化します。

パンフレット

Actimize CDDスイートは、AMLプログラム全体の要素を統合することができます。

高度な分析力と人工知能による強化で顧客理解(KYC)/顧客デューデリジェンス(CDD)プログラムを最新化。

COOKIEの使用

最良の状態でウェブサイトをご利用いただけるよう、当社ではCOOKIEを使用しています。設定を変更されずに閲覧を 続行される場合、NICEのウェブサイトのご利用について全て同意いただけたものとみなします。ただし、COOKIEに 関する設定はいつでも変更することが可能です。情報の使用についての詳細は、当社のプライバシーポリシーを参照し てください。 COOKIEプライバシーポリシーをご覧ください。