疑わしい行動の取引監視 (SAM) ・ 報告のシフト

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​規制遵守に向けた自律型AMLの運営

アンチマネーロンダリング規制遵守は、過渡期を迎えています。今日の動きの速い、急速に変化するマネーロンダリングとテロ資金供与は、金融機関のリスクを高めています。アンチマネーロンダリング(AML)ソフトウェアソリューションにより、複雑化する規制や法令要件に対する先行的な対処、誤陽性検知の低減、および疑わしい取引の的確な識別および報告を実現できます。

アンチマネーロンダリング(AML)アプローチを完全にシフトできなければ、リスク、処罰、評判の低下に直面する可能性が高まります。アンチマネーロンダリング(AML)ソリューションは、このシフトに対処して、より少ない労力でより多くのインテリジェンス情報を提供します。

NICE Actimizeの疑わしい取引の監視(SAM)ソリューション

最先端の技術と長年にわたるアンチマネーロンダリングの専門知識を連携させたNICE ActimizeのSAM(疑わしい取引の監視)ソリューションは、正確なアラート検出、チーム生産性の向上、コンプライアンスプログラムのコスト削減をサポートします。アンチマネーロンダリング(AML)オートメーションは、人工知能、機械学習、ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)を連携させて、検出、スコア計算、アラート表示、ワークフロー処理、疑わしい行動の報告を含むエンドツーエンドのソリューションを提供します。このソリューションにより、疑わしい行動をより効果的に監視し、問題点とリスクを適切に絞り込み、アンチマネーロンダリング分析の最終判定を確実に行うことができます。

自律型の取引監視

Actimizeは、教師ありおよび教師なしのガイド型機械学習により、独自のコンプライアンス分析アプローチを提供します。このアプローチには、インテリジェントな分類、シミュレーション自動化、既知のリスクシナリオを特定するプロファイリング分析、および標準ルールベースのモデルと未知のマネーロンダリングリスクの検知を可能にする最新の予測分析および異常分析が含まれます。このアプローチにより、アカウントと企業間の把握されていない関係性を特定することで、コンプライアンスの確保がサポートされます。

実用的な分析

手作業による長時間を要する調整作業を排除し、ルール分析と自動閾値調整の機敏な管理により、急速に変化する攻撃パターンに適応して最新の規制に対処できます。変化するアンチマネーロンダリングのタイプに合わせてモデルが常に更新されるため、誤陽性検知が減り、システムの最適化が確保されます。

実体主導型のビュー

洞察の可視化とストーリーテリングを活用した直観的なダッシュボード上に実体主導型のビューを提供し、調査の迅速化および効率化を促進します。調査プロセスの自動化、ワークフローの生産性と予測機能の向上により、低レベルの業務に費やす時間を短縮して、調査の精度とスピードを向上させることができます。

効率的なアンチマネーロンダリング(AML)オートメーション

ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)による業務の自動化と効率化により、疑わしい行動報告(SAR)の提出にかかる時間を短縮して、より付加価値の高い業務に取り組む時間を増やすことができます。また複数のハードウェアやその他のコストがかかるITモジュールが不要になります。またビジネスインテリジェンス機能をデータへより容易に適用して検証および調整でき、システム設定のコスト効率を正当化できます。

アラート品質を最適化してアラート量を減らす

誤陽性検知が30% 削減されます。Actimizeは、人の知能と機械学習技術を連携させた自律型のアンチマネーロンダリング取引監視を提供し、何百万にも上る日々の取引で把握されていない既知および未知の脅威から金融機関を保護します。

  • 独自のマルチフェーズ分析アプローチは、標準モデルと動的プロファイリング分析機能を連携させて、既知のリスクシナリオを特定し、未知のマネーロンダリングリスクを検知し、アカウント間の把握されていない関係性を検出して、規制遵守をサポートします。

  • 機械学習分析によって強化されるシンプルな調整ツールには、インテリジェントな分類およびスマートピアグループ化機能、シミュレーション機能が含まれ、検出分析機能の精度をより向上させます。

  • 銀行、金融、証券、保険およびゲーミング、カジノを含む統合型リゾートなどの金融業以外の企業においても、急速に変化するリスクシナリオを検出する十分な敏捷性と動的な機械学習機能を備えた、事前に構築された実地検証済みの検出モデルを提供します。

  • 完璧な透明性を備えたシステムで、分かりやすく、規制当局に説明しやすい技術的支援を提供します。

  • 高品質のアラートにより、最も優先度の高い問題の調査に重点を置くことができます。

  • 報告書の作成および規制当局への提出の自動化により、アンチマネーロンダリング(AML)コンプライアンス要件により容易に取り組むことができます。

自律型調査による生産性、効率の推進およびビジネス価値の向上

調査時間が70%短縮されます。Actimizeは調査ライフサイクルを全面的にサポートし、統合型ケースマネジメントプラットフォームにより、生産性を向上させ、コスト効率の高い方法で規制義務に従うことができます。

  • 洞察とストーリーテリングの可視化により、調査履歴を素早く把握して、証拠を収集して結論を導くことがきます。

  • 単一のエンティティビューで情報が集中管理されるため、適切な情報を入手してより効率的な調査を行うことができます。

  • RPA機能を活用することで、サードパーティのデータを手動で検索する手間が省かれます。

  • アンチマネーロンダリングプロセスの標準化、統合型のカスタマイズ可能なワークフロー、QAの強化およびケースマネジメント機能により、標準プロセスを確立して、自動化されたコスト効果の高いコンプライアンスでアンチマネーロンダリング規制を遵守できます。

  • 疑わし活動報告(SAR)に価値あるアラートを提供して、最も優先度の高いものを重点的に取り扱うことができます。

  • 通貨取引報告書(CTR)およびその他の世界各国の金融情報部門(FIU)に対するデジタル提出を自動化して、調査の精度とスピードを向上させます。

業界別のその他の疑わしい取引の監視。

詳細を見る

インフォグラフィック

機械学習によるアンチマネーロンダリング(AML)のシフト

機械学習によるアンチマネーロンダリング調査の最適化。

ウェビナー(英語版)

Tアンチマネーロンダリング(AML)のシフト:人工知能の利用。自律型の調査

アンチマネーロンダリング向けの技術的支援を金融機関の最も困難な課題に使用。

パンフレット

疑わしい取引の監視 (SAM) ソリューション

全面的なアンチマネーロンダリング取引監視コンプライアンスとより優れた顧客洞察。

COOKIEの使用

最良の状態でウェブサイトをご利用いただけるよう、当社ではCOOKIEを使用しています。設定を変更されずに閲覧を 続行される場合、NICEのウェブサイトのご利用について全て同意いただけたものとみなします。ただし、COOKIEに 関する設定はいつでも変更することが可能です。情報の使用についての詳細は、当社のプライバシーポリシーを参照し てください。 COOKIEプライバシーポリシーをご覧ください。