​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​疑わしい取引行動の報告(STAR)

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​疑わしい取引を迅速かつ効率的に検出および報告

規制当局による取引監視に対する精査および取引行動の拡大により、金融機関が規制当局に提出する書類が急増しています。

このため、大量の文書処理を手作業から自動化に移行させる必要があります。

NICE Actimizeの疑わしい取引行動の報告(STAR)ソリューションは、顧客リスクの全体的なビューを提供することで、書類提出要件の増加に対処して、求められる運営効率を達成します。NICE Actimize STARは、書類提出を自動化して、提出書類のステータスを追跡します。世界各国の文書要件に対応しているため、取引監視と書類提出要件の合理化を検討している金融機関にとって最適なソリューションです。

  • データとプロセスの合理化により、リスクに関する集中化された全体的なビューを提供/p>

  • プロセス自動化による効率化、ナレーションとレポート品質の向上

  • 常に更新される標準書類ライブラリで電子書類提出を統一化してコストを削減

  • 世界各国の規制をカバー

継続的な活動の報告書を提出して犯罪調査をサポート

疑わしい行動が長期間にわたって続く場合、監督当局および規制当局に対する報告が必要です。金融犯罪のガイドラインでは、少なくとも90日ごとに報告の提出が求められています。金融サービス組織は、疑わしい行動を継続的にレビューして、場合によっては顧客との取引解約や従業員の解雇などの処置が妥当かどうか判断する必要があります。

その他の業界用AMLソリューション

COOKIEの使用

最良の状態でウェブサイトをご利用いただけるよう、当社ではCOOKIEを使用しています。設定を変更されずに閲覧を 続行される場合、NICEのウェブサイトのご利用について全て同意いただけたものとみなします。ただし、COOKIEに 関する設定はいつでも変更することが可能です。情報の使用についての詳細は、当社のプライバシーポリシーを参照し てください。 COOKIEプライバシーポリシーをご覧ください。