​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​制裁規定スクリーニング・ウォッチリストフィルタリング

今日の複雑なグローバルビジネス環境において、制裁規定スクリーニングの重要性がますます増しています

制裁規定違反による処罰は件数および金額とも上昇し続けており、規制遵守の違反が巨額の罰金や評判の低下を招くおそれがあります。これを避けるには、包括的な制裁規定スクリーニングプログラムが不可欠です。複数の制裁リストから取引と顧客をスクリーニングして、公的要人(PEP)を特定したり、政府当局による制裁を受けている国、組織、個人との取引や禁輸品の取扱いを回避する必要があります。

NICEのウォッチリストフィルタリングおよび制裁規定スクリーニングソリューションは、独自の第4世代のネームマッチング分析、インテリジェントなスコア計算およびアラート機能を連携させて、誤陽性検知率を減らして高品質な検出を提供します。

複雑さを管理する機能

コンプライアンス違反を避けるために、高精度なネームマッチング能力がこれまで以上に重要になっています。実効性のある全組織的なウォッチリストプロセッシング、事業部門をまたぐ複数管轄地域のスクリーニング、および調査の統合化により、首尾一貫した制裁リストが確実に適用されます。

多数の機能:

  • 総合的な顧客スクリーニング

  • 直観的かつ効率的なアラート管理

  • リアルタイムの取引スクリーニング

  • インテリジェントなネームマッチングアルゴリズム

  • 全面的な監視リストのサポート

  • 柔軟性の高いリスト管理と構成

さまざまな規制や規制管轄の全範囲を確実にカバーする、複数リストによる完全なサポートには、公式の規制リスト(OFAC、国連、EU、OSFI、英国、AUSTRACなど)、サードパーティのPEP、制裁リスト(例 Dow Jones、WorldCheck、WorldCompliance)および機密の内部リストが含まれます。

統一された一貫性のある制裁規定スクリーニング

NICEの包括的なソリューションは、高品質のアラート機能で一貫した全面的な制裁規定スクリーニングを提供することで、運営効率を高め、コンプライアンスコストを削減し、規制当局による処罰の回避をサポートします。

  • 全組織的な複数の事業部門をまたぐ取引と顧客のスクリーニング、単一の包括的なソリューションでサポートされるリストが、技術的支援、分析機能および手順の一貫性を保証して、複雑な地域固有の規制や世界各国の規制要件を満たします。

  • 独自の第4世代分析と検索プロファイルをワークフロー管理の自動化、統合型アラート機能および豊富なコンテンツを備えたユーザーインターフェイスに連携させて、実効性のある多文化対応の名称照合フィルタリング、高品質なアラートおよび誤陽性検知の低減を実現します。

  • 複数のレガシーシステムを単一の実証済みソリューションに統合することもでき、組織全体にわたって制裁規定スクリーニング要件を一元化して、運営、ハードウェア、メンテナンス、実装のコストを大幅に削減できます。

マネーサービス事業用のウォッチリストフィルタリング。

詳細を見る

アワード受賞

金融犯罪リスク管理のリーダー

Chartis Research RiskTech100®ランキング

COOKIEの使用

最良の状態でウェブサイトをご利用いただけるよう、当社ではCOOKIEを使用しています。設定を変更されずに閲覧を 続行される場合、NICEのウェブサイトのご利用について全て同意いただけたものとみなします。ただし、COOKIEに 関する設定はいつでも変更することが可能です。情報の使用についての詳細は、当社のプライバシーポリシーを参照し てください。 COOKIEプライバシーポリシーをご覧ください。